Serviceの最近のブログ記事

PIXUS MP500 プリンタの修理が終わって帰ってきました。

22日 夜 発送
23日 着 
24日 修理完了
25日 クロネコヤマトにて受取り

と 速く治ってきたのでほぼ満足です。
故障報告内容は
 プリントヘッドの種類が違いますとのエラーが出る。
 
修理内容は
症状
  1. プリントヘッド未認識エラー
  2. タイミングフィルム不具合
が確認されたようです。
処置は 
  1. プリンタヘッド交換 (部品 QY6-0059-010 印字ヘッド)
  2. タイミングフィルム交換(部品 QC1-6394-000)
  3. 機内点検および清掃
が行われたようです。 行われるかと思っていた廃インクタンクパッドの交換は、エラーが出ていない為か 行われなかったようです。 故障内容の報告時に入れておけばよかったかもしれません。

迅速な対応ですが、 ヘッドが約4000円 タイミングフィルムが100円 の部品代を考えると 7000円は 微妙なところですね。 廃インクタンクパッドの交換があれば お得なんでしょうけど。 
  • 一律料金 7000円
  • 運賃    1200円
  • 消費税   410円


うちで使っているプリンターは、キャノンのPIXUS MP-500という複合機です。 
フラットベッドスキャナとプリンタがくっついたやつで、CDのラベルプリントもできるやつです。ネットワークインターフェースが無いので Coregaのプリンタバッファをつなげて複数のPCから使っています。

さて、こいつが 見たこともないメッセージを出して立ち上がらなくなってしまいました。"プリントヘッドの種類が違います。正しいプリントヘッドを装着してください"というメッセ―ジです。ぐぐってみると、どうもプリンタヘッドからの応答がおかしくなるとこのメッセージが出るようです。 まあ、結構使っているので ヘッドがだめになったんだろうと思い、部品を取り寄せようとするとなんと、今年の2月からヘッド部品の販売が無くなっています。 どうも それ以外の消耗品も交換しないと治らない場合が多くあったようです。

で修理に出すわけですが、今回は サポートメニュー はやメンテなる プリンタ専用のサポートを使ってみましたので その報告 第一弾です。(まだ 修理に出したばかりなので 帰ってきたら第二弾を書きます :-) )

2010年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちServiceカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはKitchenです。

次のカテゴリはSoftwareです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。