« SONY 電子ブックリーダー PRS-350 は 屑なのが悲しい | eReader

PRS-350 に ファイルをいっぱい入れてみた

| コメント(2) | トラックバック(0)
私たちの読書の方法は、論文を読むのに近いため、一つの本を読んでいても、他の本を参照することが多いんです。 論文では、リファレンスは決まっているので参照するのは、15個ぐらいのファイルですみます。文芸系では、リファレンスがあるわけでは無いので、リファレンス候補は、数百に及びます。 

したがって、それだけの本が入っていてすぐに探し出せることが大切です。

PRS-700では、SDカードを10枚ぐらい持っていて それぞれに200ぐらいずつ入れて使っていたのですが、やはり 応答が悪く使いづらくて結局 ノートパソコンで読む形となっていました。

PRS-350では、外部媒体がないのでそれ以上のファイルを内部メモリに入れておくことが必要ということで、まず、青空文庫を突っ込んでみました。(ファイル数 7700 総容量 85MB) 

結論は 前のエントリーにあるとおり 簡単にはうまくいかないということですが、詳細に調べてみました。一気に入れるのは無理な感じなので、200ぐらいずつ 1日かけてeBook Transfer 経由で入れていったところ、なんとか 5900個 入れることができました。 ところが、外してみると データベースを参照しようとしてがんばるのですが、リブートしてしまって立ち上がりません。 再度 PCにつなぐと外部HDDとしては参照できるのですが、 eBook Transfer が ファイルを認識しようとして がんばるのですが、うまくいきません(最悪時には 1.3GBメモリを喰っていたのでメモリリークがあるかも)そこで、ファイルデータを直接減らして行って どれくらいで立ち上がるかを見たところ、3800あたりで立ち上がる場合が出てきました。  リブートして 約4分ぐらいでなんとか立ち上がります。

現在 SONYにどれくらいのファイル数 が想定なのか 問い合わせをかけているところです。
とりあえず この状態で使ってみる予定です。

パートナーからの要求事項(縦書き表示:フォント大きさ変更可 ルビ付き)が優先なので、LRFファイルの作成方法を調べることが終わったら なんとかする 運用方法を考えようと思います。
りあ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tec-tech.org/mt/mt-tb.cgi/68

コメント(2)

SONYの使い方窓口より、内容の無い回答がありました。
コンテンツ数を1500ぐらいで試してほしいとのことですが、E-Bookのコンテンツの大きさと容量を考えていないシステムであると思います。

このデバイスを使うのは、本をよく読む人たちなのに、これでは売れませんね。困ったものだ。

なお、2900個ぐらいが本体で安全に認識できるリミットですが、どうも動作が重いので 時間計測などをやってみようと思います。

2900個ぐらいのコンテンツで使っていましたが、各種の反応が鈍くてやってられないので、コンテンツ数を1500個以下に落としました。(1440個)すると大分改善されました。 PC用のソフトの方も非常に重くなるのは 2700個あたりからなので 少し改善。でも重い。 なんで、英語版と同じソフトにしないのかなあ? あちらの方が使いやすいのに...  英語版のやつでは、日本語版は認識しないので使えません。。。 Adobe Digital edition からも使えません。 ううむ 不便だ。

コメントする

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、Merlinが2010年12月12日 06:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HDDはとにかくふんだんに(Corel VideoStudio X3 Ultimate / Cyberlink PowerProducer 9 Ultra64)」です。

次のブログ記事は「モバイル通信 AH-N401C -> D25HW」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。