« 筆まめVer.21 アップグレード・乗り換え専用 DVD-ROM | Software

HDDはとにかくふんだんに(Corel VideoStudio X3 Ultimate / Cyberlink PowerProducer 9 Ultra64)

| コメント(0) | トラックバック(0)
いままで、HD-カメラの映像のDVD化には、Corel VideoStudio 12 と DVD flick などを組み合わせて使っていたのだが、このたび、i7パソコンの導入に伴い VideoStudio を X3にしました。ところが、エンコーディング時に落ちたり、エラーメッセージ吐いたりで 使い物にならないので、速いと評判のCyberlink PowerDirector を買ってみました。 とりあえず 8を 使ってみると あまり いろいろといじおれませんが、速く 落ちずにDVDができるので それで使っていました。
 ところが、こちらも 時々 エラーだ止まったりすることがあるのと、さらに速い 9が出たので入れ替えたら 頻繁に落ちるようになってしまい。 ビデオのディスク化が滞ってしまいました。 
 サポートに連絡しても あほな質問しかされないで情報が得られないので、動作していた最初の頃を思い起こしてPCの状態をチェックすると C:ドライブの空き容量が100GBを切っています。 もともと 200GBしか切っていなかったので、減ってきたようです。 もしやと思って、C:ドライブの空容量を150GB程度にしたら、 なんということでしょう。 Video studio も PowerDirecorも 問題なくエンコードできるではありませんか。 どちらのファイルもエンコード時にそれほどHDDを使っていないところを見ると、なぜだかわかりませんが 、とにかく 動いているようです。

とにかく VIDEOをいじるソフトには、各ドライブ 200GB以上の空き領域を確保しないとだめなようです。(なんでかなあ????)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tec-tech.org/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、Merlinが2010年12月10日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SONY 電子ブックリーダー PRS-350 は 屑なのが悲しい」です。

次のブログ記事は「PRS-350 に ファイルをいっぱい入れてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。