« インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー | PC | モバイル通信 AH-N401C -> D25HW »

筆まめVer.21 アップグレード・乗り換え専用 DVD-ROM

| コメント(0) | トラックバック(0)
そろそろ年末なので、年賀状用のソフトの登場の時期です。我が家では、古い 筆まめを使ってきましたが、windows7対応ソフトにしておくという今回の入れ替え方針の為、更新することにしました。アップグレードなのでアマゾンでポチリました。

で、翌日届いたものをインストールしようとして、またまたハマりました。ディスクを入れてディスクのAutoRun.exeを起動しても「ディスクを入れてください」と出ます。
あれっ?なんでだろうと Autorun.infを見てみるとインストーラ用の情報がいっぱい入っています。こいつかあ! と思いました。 CREOの製品は、ユーカラとかBUSIーCOMPOとかの時代から使っていますが、みんな 変なインストーラなんです。
 まさか 今時 Autorun.inf を使うインストーラ何てあるわけ無いと思っていましたが見事にやってくれました。 
 うちのマシンでは、レジストリに書き込むことにより Autorun.inf が認識されないようにしてあります。TOROJAN系のワームの影響を最低限にするためで、会社のPCもそのような設定になっています。そのため、筆まめのインストーラの起動プログラム(パラメータなどを設定してインストーラを起動するランチャープログラム)が、Autorun.inf に書いてある情報が読めないためハングアップするわけです。 仕方ないので 一時的にレジストリをクリアしてインストールにかかりました。
 こんどは、インストール画面が出てきて、本体とイラストなどのデータのインストーラの選択画面になりました。何で分かれているのかなと思いながら 本体をインストールしてデータのインストールにかかったところで分かりました。 なかなか終わらないんです。かなりの量のデータをそれも細切れのファイルになったものをコピーしているので非常に時間がかかるようです。放っておいて後で見たらやっと終わっていました。
 
 プログラム自体は、見慣れた画面が出てくるので、使いやすそうですが、またトラップがあるかもしれません。まあ、CREOの製品は、インストールの部分さえ乗り越えれば大抵は大丈夫なので安心しておりますが 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tec-tech.org/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、Merlinが2010年11月 2日 18:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー」です。

次のブログ記事は「SONY 電子ブックリーダー PRS-350 は 屑なのが悲しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。