« サポートメニュー はやメンテ | Electronics | モバイル通信 AH-N401C -> D25HW »

Pomera DM20

| コメント(2) | トラックバック(0)
キングジムのポメラDM20をパートナー用に購入(via Amazon.co.jp)。パートナーの同僚がDM10を持っていて、がしがし 使っているのを見ていて 軽いのが良いと言っていたので 新しいのが出たのを機に購入。
すぐに "スイカペンギン仕様となってしまった。" 
スクリーンの保護シートは、低反射タイプのがまだ出ていないのでどうするか思案中なので 附属のシートをまだつけてある。

感想としては、「あれっ? 重い!?」という感じだったようである。ポメラ勝手Wikiに比較表があるので見てみると 
   
DM10DM20
約340g(乾電池別)   約370g(乾電池別)

となっていて それほど違わない。 なぜなんだろう? 
私が持ってみてもちょっと重く感じる。 このあたりの重量は、電子book リーダーの記事でも書いたが微妙に重さが気になる領域なのかもしれない。
キーボードの感じは 上下が狭いのと ホームポジションのマークが小さすぎるのでちょっとなれるのに時間がかかる感じである。 開発した人は、ブラインドタッチできないのかな?と思ってしまう。特に ホームポジションのマークは、アームレストのあるNOTEPCや デスクトップではあまり関係ないが、指ずれを起こすこのような機器の場合には重要であると思う。

QRコードに関して パートナーは、外で日本語を打つなら携帯の方が楽(ブラインドタッチでがしがしメール書いているので)とのことだが、英語入力するのに便利そうだとのこと。 
ただ、一回に転送できる文字数200文字をもう少し増やしてほしいと思う。格納文字数は型番と誤りレベルとコードの分解能、イメージの大きさで決まると思われるが 1000文字程度入れられれば 1回ですむ可能性が高い。 QRコードの格納文字数参照




また、日本語で考えながら文章を書いていくには、縦書きが必須と言っているので 英語入力専用マシンと化してしまうかもしれない。(国語(日本語)の教師で、普段はパナソニックのノートでの一太郎の愛用者だが 趣味が英語なので英語もがしがし書く )

外部記憶メモリとしては、手持ちのMicroSD 2GBを入れた。 フォーマットをポメラでかけると数分かかるので 急いでいるときには注意。 (フォーマット後の空き容量は 1,848GBと表示された。
 
電池の持ちは、20H(アルカリ)/15H(eneloop)とのことなので 充電池として初めて eneloopを購入。いつもの充電池構成(3セットでローテーション)で準備をした。eneloop 単4(AAA)は、218円/本 で購入。
電池の仕様は、   HR-4UTGA
容量  Min 750mAh
寸法  Ф10.5×H44.5mm
質量  約13g/個
特徴 
1.充電して1500回 繰り返し使える(JIS C8708 2007(7.4.1.1)の試験方法に基づく電池寿命の目安)
2.くり返し使えて、使用コストは1回あたり約2.5円 と経済的(1充電あたりの電気代を0.2円として、充電1回あたりのコストを新エネループ(HR-3UTGA)にて算出[(充電池価格+充電機価格+電気代)÷1500サイクル)
3.自然放電を大幅に抑えて3年後でもすぐ使える、買ってすぐ使える(満充電後、室温下での3年後において、初期容量の75%放電可能(単3形:放電電流740mA,放電終止電圧1.0V/セル)
4.電池の外装は抗菌加工。(抗菌剤の種類:無機抗菌剤、加工方法:印刷、加工部位:外装、試験機関名:(財)日本紡績検査協会、SIAA登録番号:JP0122085A0002V、試験方法:JIS Z 2801)

となっているが、単4ではどうなっているのか不明。(現在時点のSANYO websiteでの調査)

充電器は、単4(AAA)用のがなくて 100-120V入力の単4・単3用(NC-TG1)を購入。 そのうち 100-240V用のを探しておかなければと思っている。

NCTGR01 単3形・単4形兼用 2倍速・3倍速対応 急速充電


N-TGR02 単3形・単4形兼用 急速充電器

あたりが安くなったところで購入予定。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tec-tech.org/mt/mt-tb.cgi/59

コメント(2)

カバーとして何が良いか検討中です。
皮の良いできのカバーとして 京都丑やさん(http://www.kyoto2001.co.jp/ushi-ya/)のが考えられます。
問い合わせたところ、DM20用も開発に入ったとの事です。
さて どうしよう?

京都丑やさん(http://www.kyoto2001.co.jp/ushi-ya/)から DM20用のカバーが売り出されました。

Vis-a-Visさんでも売っています。
(http://www.visavis.jp/shop/WebObjects/vv.woa/wa/dpp/4525443033942/?dan=dpc%252FPDA023%252F&ccc=PDA023&cpc=4525443027347)

丑やさん直接なら カスタマイズ(色を変えたり)できます。
注文してしまいそう。

コメントする

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、Merlinが2009年12月13日 06:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SquirrelMail 1.4.20rc2 の検索バグ 」です。

次のブログ記事は「VMWare 7 for linux 64 on Debian squeeze 64」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。