« サポートメニュー はやメンテ | Service

サポートメニュー はやメンテ(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)
PIXUS MP500 プリンタの修理が終わって帰ってきました。

22日 夜 発送
23日 着 
24日 修理完了
25日 クロネコヤマトにて受取り

と 速く治ってきたのでほぼ満足です。
故障報告内容は
 プリントヘッドの種類が違いますとのエラーが出る。
 
修理内容は
症状
  1. プリントヘッド未認識エラー
  2. タイミングフィルム不具合
が確認されたようです。
処置は 
  1. プリンタヘッド交換 (部品 QY6-0059-010 印字ヘッド)
  2. タイミングフィルム交換(部品 QC1-6394-000)
  3. 機内点検および清掃
が行われたようです。 行われるかと思っていた廃インクタンクパッドの交換は、エラーが出ていない為か 行われなかったようです。 故障内容の報告時に入れておけばよかったかもしれません。

迅速な対応ですが、 ヘッドが約4000円 タイミングフィルムが100円 の部品代を考えると 7000円は 微妙なところですね。 廃インクタンクパッドの交換があれば お得なんでしょうけど。 
  • 一律料金 7000円
  • 運賃    1200円
  • 消費税   410円

廃インクタンクの状態はメンテナンスモードでどの程度なのか確認してみようと思います。

メンテナンスマニュアルより

1)電源が切れた状態で Stop/Reset ボタンを押す(離さない)。そのままで ON/OFF ボタンを押す。(離さない) COPY LEDライトが緑色に表示されればよし。
2) ON/OFF ボタンを押したままで Stop/Reset ボタンを離す。
3) ON/OFF ボタンを押したままで Stop/Reset ボタンを2回押す。
  それから ON/OFF ボタンを離す
4) COPY LEDライトが緑色なら、選択したい機能の回数 Stop/Reset ボタンを押す

ことにより いろいろな機能モードのは入れるようです。

メンテナンスマニュアルは、英文のが pixma-MP500 service-manual でぐぐると みつかります。

メンテモードへの入り方は 950でも一緒なので キャノンのプリンタで共通なのかも。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tec-tech.org/mt/mt-tb.cgi/53

コメントする

2009年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、Merlinが2009年10月26日 01:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サポートメニュー はやメンテ」です。

次のブログ記事は「VMware for Linux で マウスの切り替えができない。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。